読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハートにモザイク

ライトに映ったシルエット

欲を言えば 君の声が聞きたいんだ


夏の空を見上げて想うのは君のこと。この世に憂鬱なんて存在しないかのように広がる青。ピンクとオレンジが混ざり合うと、漆黒のインクが夜空に広がる。こんなに綺麗な季節なのに、一人取り残されている気分になる。イヤホンからは声が耳に伝うのに、当の志村はどこにもいない。今を生きる、なんていうけれどわたしは過去に足を取られてしまうよ。アイスクリームのようにしあわせを噛み締めて全て溶けてしまえばいいのになぁ。つぶつぶ苺がはいったピンク色のそれがいい。