読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハートにモザイク

ライトに映ったシルエット

いつもの声聞こえたら つながってるよ

 

関ジャニズム。クリスマスに名古屋まで会いに行ってまいりました。

席に着いたのが15分前で、ノリについていけるかなぁ、とか心配しているうちにコンサートは始まっていて、2年の空白があるなんて信じられないくらい、目の前にいるのはわたしの知っているえいとさんで、だいすきなえいとさんで。最後に流れる映像での

 

この魔法もそろそろおしまい。

でも悲しむことはない。

思い出はいつだって 君の心の中にあるのだから。

君が願うならばまた会えるだろう。いつも。いつまでも。

君を彼らは迎えてくれるだろう。

 という言葉に、コンサートが始まってからずっと感じていた懐かしさやあたたかさは、えいとさんがちゃんとわたしの中の心の中にいてくれたからなんだなぁ、と感じました。

 

そしてやすくん、30を迎えたやすくんは相変わらずかわいくて、かっこよくて、そして何より色気が出てより素敵な男の人になっていましたね。コンサートの3時間、わたしの心はあなたに全部持っていかれていました。(笑) やっぱりやすくんは特別なひとです。ずっとずっと。

 

 

 

「また絶対会いましょう。その時までがんばっていきましょう。お互いいろいろあると思うけど。な。いつでも一緒なんで、関ジャニ∞と生きていきましょう。」ってすばるくんが言っていて、物理的距離感はどうしようもないけれど、精神的距離感は限りなく近くにいてくれる。一緒に生きている、歩いている。この距離感がたまらなく好きで、支えられて生きていたことを思い出しながら、この言葉に続くのがLIFE。

 

あの日かわした約束をずっと覚えているから 涙堪えて

 

そしてアンコールの無限大。

 

いつしか遠く離れても 確かな絆は途切れない

 

都合が良いと言われればそれまでだけれど、それでもえいとさんはいつまでもわたしの大事なひとたちだから。

 

10周年、本当におめでとうございます。

あなたたちをすきになれてよかった。会いに行ってよかった。もっともっと、高みを目指して。

 









 いつもありがとう。これからもずっと関ジャニ∞といてね。


って言葉にはっとして。エイトはどんどんおっきくなっていくけど、今回のはっさいのあらゆる点を見てもわかるように、エイトとエイターの距離感は変わってなかった。勝手に寂しくなったり離れたりするのはこっちだ。

わたしは永遠ということばを信じれるタイプじゃないので、一生エイターなんて言えないけど、いつかヲタ卒する日が来たとしても、エイトに向けた気持ちも日々も全部わたしの人生においての宝物だったって感じると思う。後悔なんて一つもしないよ。

エイトは、やすだくんはわたしの一番のアイドルです。エネルギー、ビタミン、太陽、例えるとそんなかんじ。あなたたちがいるから元気になれます。


これからも一緒にいようね。

 

2012 08/26