読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハートにモザイク

ライトに映ったシルエット

えび座 千秋楽


えび座千秋楽、本当にお疲れさまでした。

歌舞伎は留学やなんやらで結局行けなくて、今年に入ってわたしがすのーまんの現場に行く舞台がえび座でした。


どのグループにも好きだけど興味が湧かないってひとがどうしてもいてしまって。でも唯一すのーまんは6にん本当にだいすきなグループなのです。ふだん6にんにきゃいきゃいしているけれど、やっぱりわたしの担当と呼ぶひとは渡辺くんだけだなーって強く感じた舞台でした。

わたしは渡辺くんのどれだけ激しいダンスにもあまり温度を感じなくて、(映像だから余計にかもしれないのだけど。)だからワンステップビヨンドで躍動感たっぷりで全力で雄を出して踊る彼に動揺しました。良い意味でね。あ、これだ。わたし今まで渡辺くんに「雄」を感じたことがなかったのです。なべふかで対比したときに、例えばふっかさんは女装したとしても男の子でしかないけれど、渡辺くんは女の子になりきれるし、正直渡辺くんにダンスで色気を感じたことがなくて(滝ソロのシャララは特別!)、だから渡辺くんがあんなにギラついた感情を剥き出しで踊るなんて知らなくてどきどきが止まらなかった。



今まで知らなかった渡辺くんの新しい一面を知れた気がして嬉しかったです。

カテコでは、あーかわいいなぁここは変わらないなぁって思いながらふにゃ〜って手を振りながらにこにこしてる渡辺くんを見ていました。



次はどんな渡辺くんを見せてくれるんだろう! わくわくでいっぱいです。



千秋楽、お疲れさまでした。すっごく良い舞台でした。ありがとう!